リバレーションカレッジの理念

「共に学び共に成長し共に創造し共に人生を愉しむステージづくり」を行います。

『リバレーションカレッジ‐学校名の由来』

私たちは、知らないうちに仕事、家庭、人間関係などの様々な見えない「しがらみ」に縛られて生きています。リバレーションという言葉に「制約からの解放」と言う意味と「開け放つ、心を開け広げる」という意味を込めています。 リバレーションカレッジは、視野の広がる、考動の幅が広がる多彩なカリキュラムを通して家や学校では教えてくれない「自分で考え、人生を愉しみながら生きていく人間」を育てます。
 

リバレーションカレッジが目指す5つの人間像

1.どんなに厳しい世の中においても、自分の足で立てる大人になる

自分の足で立つ=自立。
自立とは、経済的自立(仕事をして飯が食えること)、精神的自立(他人に依存しないこと)、生活的自立(自炊や掃除など)ができることです。

2.自信と考動力のある大人になる

「考動力」とは、「自分の頭で考え判断し、動く力」
自信と考動力があれば、人生はどこからでも切り開くことができます。

3.リアルな仲間づくりができる大人になる

携帯電話やSNSの普及により、「知り合いは多いがリアルな仲間は少ない」という人が増え、その結果、「寂しさ」「孤独」を感じている人が増えています。 リバレーションカレッジでは、相手の顔を見て、感情を理解・共有し、本音で付き合えるリアルな仲間づくりを行います。

4.魅力的な大人になる

魅力的な大人とは、経験が豊富で、感性に優れ、自分の人生に信念と夢を持ち、人の痛み、苦しみを理解できる本物の優しさのある人のことです。

5.自己実現をして幸せと言える大人になる

真の自己実現とは、表面的、形式的なことではなく、過去を受け入れ、周りに感謝し、心から「幸せ」と言える状態のことです。

なぜ、リバレーションカレッジが必要なのか

「人こそ財産」

現代の日本では様々な問題が起きている。経済の問題、政治の問題・・・
国民一人当たり700万円もの借金を負い、破綻しかけている経済。将来に対する不安感。

ビジョンが無くグルグルと空回りして前に進まない政治。年間3万人の自殺者を出す国、日本(ロシアについで世界2位)

その中でも最も重要な問題は「人の問題」です。
特に、若者の世代に顕著に現れています。

「人はいい」が、過保護な環境で育った為、経験や疑う免疫が無く、自分に自信が無い為、いざとなると困難から逃げがちです。

パソコンやゲーム、ビデオ、TVなど外部からの多量の情報に依存している為、頭でっかちで想像力が無く、自分で深く考えられない。
他人に対してもあまり関心を持たず、人間関係を面倒くさがる傾向があり、コミュニケーションがうまく取れない為に殻に閉じこもりがちです。

自分は幸せだと言える人がなんと少ないことでしょう。

しかしこれはある意味、「被害者」とも言え、高度成長期(戦後)の偏った偏差値教育は罪が深いと言える。偏差値とは理解力と記憶力を組み合わせたもので創造力は加味されていない。高度成長期の日本(産業時代)においては、自分で考える人間、個性の強い人間、創造性、独創性は必要とされなかった。

また、長期の不景気と、いきすぎた拝金主義により、ほとんどの家庭は共働きとなり、子供と関わる時間さえも持てなくなってしまっています。その結果、家族の絆は希薄になり、本来ならば家庭内で受けるべき教育も崩壊しつつあります。親達は、その代わりを学校に求め依存し、責任転嫁をはかりましたが、学校でその代わりができるはずもなく、子供達は人生の路頭に迷っている状況です。

同時に社会人は会社という器の中で育成すべきはずが、「育てる」という気概さえもない会社が多くなりつつあり、社内教育は「立派な日本人」を育てているのではなく、「会社に都合のいい企業戦士」を育てているに過ぎないといえます。
・自社の売上さえよければ・・・
・自分さえよければ・・・       これでは日本の未来は暗い。

アメリカ型の資本主義が崩壊し、同時に拝金主義に嫌気がさしつつある現代。人々の価値観も変化し、「真の幸せとは何か?」を多くの日本人が自問自答しつつあります。

天然資源の無い国、日本の財産は今も昔も変わらず、「人」です。

このリバレーションカレッジのカリキュラムを通して家や学校では教えてくれない「自分で考え、人生を愉しみながら生きていく人間」の育成を行います。

・人間は本来、「何かを表現したい」という欲求をもっています。
・その次に「表現したものに共感してもらい、認めてもらいたい」と思うのです。
・さらに「人に必要とされる人間になりたい」という欲求があります。

しかし、中身がなければ、表現するものも、必要とされることもありません。その「中身をつくること」が学ぶということです。

自分以外のものに関心と興味を持ち、経験(体験)を生かし、視野(視界)を広げ、イマジネーションすることが「学ぶ」ということなのです。

それが「実践の教育」であり、リバレーションカレッジです。

日本初の実戦型社会人学校リバレーションカレッジの誕生まで



リバレーションカレッジ運営会社

運営会社
株式会社リバレーション
住  所
福岡市西区小戸5丁目10-14
事業内容
・リバレーションカレッジの運営
・講演会、シンポジウム、セミナー等の企画及び運営
代表取締役
栗山 太
取締役
髙松 俊博

無料体験セミナー申込随時受付中無料体験はこちらから

このページの上へ戻る